金融庁「店頭デリバティブ取引情報について(平成30年3月末)」を公表しました。

金融庁「店頭デリバティブ取引情報について(平成30年3月末)」を公表しました。

平成31年3月26日
金融庁

店頭デリバティブ取引情報の公表について
(平成30年3月末)
 今般、平成30年3月末において金融商品取引業者等から報告を受けている店頭デリバティブ取引情報の集計を行いましたので、金融商品取引法第156条の66第1項の規定に基づき、この結果を公表します。
 なお、これまでに公表した集計結果の一部(平成28年3月末から平成29年3月末まで)についても、精査して修正したものを反映しています。
 
(参考)
 平成30年3月末時点の店頭デリバティブ取引残高(想定元本ベース)は約4,774兆円となっており、29年3月末時点の残高約4,193兆円と比較すると、約581兆円増加している。主な要因は、金利関連デリバティブ取引の増加(約589兆円)である。
 この金利関連デリバティブ取引の増加は、海外から本邦に取引を移行する動きがあったことが主な要因と考えられる。
 
○  総計(PDF)        総計(EXCEL)
○  金利関連取引(PDF)       金利関連取引(EXCEL)
○  信用関連取引(PDF)     信用関連取引(EXCEL)
 
お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
企画市場局市場課(内線3687)

https://www.fsa.go.jp/news/30/20190326.html

税法ニュースカテゴリの最新記事