金融庁「「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の現状と課題」について」を公表しました。

金融庁「「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の現状と課題」について」を公表しました。

平成30年8月17日
平成30年9月3日更新
金融庁
 

「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の現状と課題」の公表について

 今般、金融庁では、金融機関等の実効的な態勢整備を促す観点から、平成30年2月に公表した「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン」以降の金融庁の取組み、及び金融庁所管の金融機関等の対応状況等を中心に、「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の現状と課題」を別紙のとおり取りまとめましたので公表します。
 
 マネー・ローンダリングやテロリストへの資金供与を未然に防ぐためには、各国が協調して対策を講じ、これを的確に実施することが重要であり、特に地政学リスクの高まりや世界各地におけるテロの頻発を踏まえ、我が国においても、その高度化が求められているところです。
 
 金融庁としては、平成31年に予定されている第4次FATF対日相互審査も踏まえ、官民双方が連携して、マネー・ローンダリングやテロ資金供与に利用されない金融システムを確保するための態勢強化を図ることが重要であると考えており、金融庁がモニタリングで得られた情報や考え方を還元することにより、金融機関等の実効的な態勢整備の一助となればと考えております。
 
 また、金融機関等をご利用の皆様におかれましても、マネー・ローンダリングやテロ資金供与対策に対する国際的な要請が高まっていることをご理解いただき、金融機関等をご利用いただきたいと考えております。
 
(注)FATF(Financial Action Task Force、金融活動作業部会):マネー・ローンダリング対策における国際協調を推進するために設立された政府間会合
 ※9月3日付訂正 P21(3)保険会社 第3段落3行目
  (訂正前)複数の代理店にまたがる
  (訂正後)複数の保険会社の商品の募集を行う代理店が取り扱う
 なお、現在当庁ウェブサイトに掲載している情報は、訂正後のものとなっております。
(別紙)「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の現状と課題」
 

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総合政策局リスク分析総括課マネー・ローンダリングチーム(内線2523)

https://www.fsa.go.jp/news/30/20180817amlcft/20180817amlcft.html

税法ニュースカテゴリの最新記事