金融庁「金融審議会 金融制度スタディ・グループ 「金融機関による情報の利活用に係る制度整備についての報告」について」を公表しました。

金融庁「金融審議会 金融制度スタディ・グループ 「金融機関による情報の利活用に係る制度整備についての報告」について」を公表しました。

平成31年1月16日
金融庁

金融審議会 金融制度スタディ・グループ 「金融機関による情報の利活用に係る制度整備についての報告」の公表について

金融審議会「金融制度スタディ・グループ」(座長 岩原紳作 早稲田大学大学院法務研究科教授)は、平成30年9月に再開し、(1)情報の適切な利活用、(2)決済の横断法制、(3)プラットフォーマーへの対応、(4)銀行・銀行グループに対する規制の見直しを当面の検討事項として議論を行っているところですが、金融業を巡る環境が急速に変化していることを踏まえ、「議論が収束したものから取りまとめ、対応を求めていく」という観点から、「金融機関による情報の利活用に係る制度整備についての報告」(別紙)が同スタディ・グループにおいてとりまとめられましたので、公表します。

以上

(別紙)「金融機関による情報の利活用に係る制度整備についての報告」(PDF:97KB)

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

企画市場局総務課信用制度参事官室(内線3559、3598)

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。

ページの先頭へ

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190116.html

税法ニュースカテゴリの最新記事