国税庁「平成31年(2019年)版 源泉徴収のあらまし」等を公表

国税庁「平成31年(2019年)版 源泉徴収のあらまし」等を公表

平成30年11月22日(木)、国税庁ホームページで「「平成31年(2019年)版 源泉徴収のあらまし」を掲載しました」等が公表されました。
「平成31年(2019年)版 源泉徴収のあらまし」を掲載しましたhttps://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/aramashi2018/index.htm
今回公表された「平成31年版 源泉徴収のあらまし」は、平成30年9月7日現在の所得税法等関係法令(租税条約については発効予定条約を含みます。)の規定に基づいて作成されたものです。
あらましの冒頭では「税制改正等の内容」が説明されています。
なお、税務署で配布する「平成31年版 源泉徴収のあらまし」の冊子につきましては、147頁に記載している(注)に誤りがあるとのことで、正誤表も公表されています。https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/aramashi2018/pdf/seigo.pdf
※ホームページに掲載されている「平成31年版 源泉徴収のあらまし」のファイルは、誤りを訂正した後のもの、とのことです。
国内勤務期間のない中国の従業員(非居住者)が、税制適格ストックオプションの権利行使による株式の取得に係る経済的利益について、租税特別措置法第29条の2を適用せず、税制非適格ストックオプションとして取り扱うことの可否について(文書回答事例)https://www.nta.go.jp/about/organization/kantoshinetsu/bunshokaito/shotoku/181031/index.htm
以上

税法ニュースカテゴリの最新記事

;